所有しているマンションは売却すべき?悩める女性の物件対処法
所有しているマンションは売却すべき?悩める女性の物件対処法

結婚後に考えたい学費と養育費~よりよい家計の管理法~

  • TOP
  • >
  • 今後の生活に必要な費用

結婚後の生活に掛かる費用の解説

家族

無事結婚を終えた後も、費用の問題は解決しません。むしろ結婚後は毎日の生活費や子供のための貯蓄も必要となるため、ここからが正念場ともいえます。

共働き世帯の1カ月に掛かる支出の相場・内訳とは

  • 住居費:18,980円
  • 食費(外食込み):69,474円
  • 光熱費・水道費:19,395円
  • 交通費・通話およびネット代:47,041円
  • 家具・家事用品代:11,388円
  • 靴・洋服代:13,632円
  • 保険医療費:11,875円
  • 教養・娯楽代:29,565円
  • 教育費:12,209円
  • その他雑費:62,953円

人生のイベントによって発生する費用もある

出産
妊娠中の通院費用や、出産に必要な費用は、平均して27.3万円が必要とされています。共働きの場合、女性側が働き続けることは難しいため、収入が減ることを見越してしっかりと貯蓄を行なう必要があるでしょう。
住宅購入費
結婚後、新居に住むとなると、マンションの購入か建売住宅の購入が挙げられます。マンション購入であれば、3,733.1万円が全国的な平均価格です。建売住宅であれば、およそ3,153.3万円です。結婚をする場合、子供を育てることも視野に入れなければなりません。賃貸でマンションやアパートの一室を借りるとなると、子供と一緒に住むことを禁止するマンションも多いため問題となります。また、狭い賃貸マンションは子供の成長にも悪影響を与えてしまうでしょう。子供ができることを踏まえ、よりよい住宅へ買い替えをしましょう。

万が一の際に発生する費用も考えておく

結婚後の生活では、病気やケガといった万が一のトラブルも想定しておかなければなりません。入院費用は健康保険を適用させての治療費を含め、1ヶ月でおよそ8万円~9万円の費用が必要となります。さらに、高額療養費制度を利用すれば、高額な治療費が必要な場合も医療費の上限を9万円に抑えることができるでしょう。病や怪我のりスクはいつ自分たちに身に降りかかるかわかりません。万が一の備えとして、10万円から15万円の費用を貯めておくとよいでしょう。

お金の心配を和らげるためにも保険の加入は必須です

いざという時の備えとして利用ができるのが、保険です。結婚を控えている幸せな状態であれば、医療保険や生命保険などが必要となる事態は考えられないため、多くの人が見落としてしまうものです。しかし、人生ではいつどのようなことが起こるかわからないものです。そのため、万が一の事態に陥った時、必要なお金がないとなると大きな問題となります。保険加入による支払いは生活費の負担となりますが、ケガや病気、葬儀などに掛かる費用は莫大な額となるため、転ばぬ先の杖としてこうした保険の利用は必要なのです。

特に考えておくべき必要がある「子供の養育費」

結婚するとなると、多くの女性が悩むのが子供の養育費です。どんな親でも子供にはできるだけ負担を与えたくはありません。具体的にどれだけの費用が必要なのか、見ていきましょう。

子供が独り立ちするまでにいくら掛かる?

子供が1人立ちする年齢は、大学卒業や就職の時期を考え、22歳が適齢といえます。この年齢になるまで掛かる養育費は平均していくらでしょうか?

  • 出産・育児費:910,000円
  • 食費:6,710,000円
  • 保険医療・理容・美容費:1,930,000円
  • 衣料費:1,410,000円
  • おこづかい:4,510,000
  • 子供に必要な雑貨費:930,000円

まとめ

以上の費用を合計すると、平均して1,640万円が、子供が1人立ちをするまでに必要な額となります。しかし、この金額はあくまで平均であり、進学先の学費などによって費用は細かく変わります。

公立と私立で教育費はこんなに違う?

幼稚園
3年間通園したと想定した場合の費用目安公立幼稚園:634,881円私立幼稚園:1,492,823円
小学校
6年間通ったと想定した場合の費用目安公立小学校:1,924,383円私立小学校:9,215,345円
中学校
3年間通ったと想定した場合の費用目安公立中学校:1,444,824私立中学校:4,107,303
高等学校
3年間通ったと想定した場合の費用目安公立高校:1,226,823私立高校:2,973,792
大学
4年間通ったと想定した場合の費用目安国立大学:2,694,800公立大学:2,728,400私立大学::5,278,800

トータルの差額とは

幼稚園から大学まで、全て公立の学校に通う場合は合計で7,959,311円、逆に全て私立を選択すると、合計で22,978,063円掛かります。義務教育の期間は公立を選び、高校と大学は私立を選ぶ家庭もあるでしょう。そういった進路を選ぶと、合計で12,256,680円掛かる計算になります。公立だけの場合と私立だけの場合では費用に大きな差があり、私立の方が公立のおよそ2.9倍高いことになります。

負担を軽減するためにも制度に関する情報は調べておく

子育て世帯をサポートしてくれる便利な制度は多くあります。申請するだけで手当金を得ることや、費用の補助を得ることができるので、積極的に活用しましょう。子育て世帯が受けられるお得な制度は、それぞれ医療費助成制度、児童手当、出産育児一時金、出産手当金の4つです。きちんと申請すれば、高額な費用が必要となる養育費の負担を抑えることができるでしょう。

結婚後の家計はどのようにやりくりする?

結婚後に気になるのが、夫婦それぞれのお金の管理です。管理方法の見直しをすることで、お金の管理がしやすくなり、生活費の節約なども行ないやすくなります。

夫婦共働きのケースで見る家計の分担方法

財布を1つにする
奥さんがサイフの管理をするという、多くの家庭で見られるお馴染みの分担方法です。2人の貯蓄を1つにすることで、貯蓄額の計算がしやすくなるほか、口座振替で公共料金の支払いなども行ないやすくなります。
別々で管理する
夫婦共働きの世帯で多く見られる管理方法です。公共料金などは2人のうちどちらか、または2人でお金を出し合って支払います。自分で稼いだお金を自分で管理することができるので、相手の了承を得る必要もなく自分のお金を自由に引き出せるのが利点です。
費用別に分担を振り分ける
別々でお金を管理する方法を少し発展させた管理方法です。お金の管理を別々で行ないつつ、家賃や公共料金、ローンの支払いは夫、食費や日用品の費用は妻、といったように費用の支払いを分担して行なうのです。お互いの収入に差がある夫婦が、多くの場合このような管理方法を行ないます。

人生設計をしっかり行なうことでやりくりの方法も変わる

人生設計をしっかり考えることで、家計の管理方法や節約の仕方の方針は自然と決まります。今後2人の収入の変化や、どのような費用へ優先的に資金を回すかといったことを決めておけば、重要な費用への貯金も効率的に行なえます。また、緊急時に費用が必要となった時も、慌てずにお金を工面して対処をすることができるでしょう。2人でしっかりと話し合い、人生設計を決めることで、上手に貯蓄のやりくりをすることができます。

【自分に合った方法を見つける】様々な貯蓄方法

定期預金
定期預金は、毎月一定額の費用を口座に入金する方法です。自動での積み立てを行なえば、手軽にコツコツとお金を貯めることができます。
財形貯蓄
財形貯蓄とは、勤務をしている会社によって利用ができるタイプです。支払われる給料の一部のお金を口座に入金します。最近では税制上の優遇が受けられるとして、多くの人に注目されている貯蓄方法です。
学資保険
学資保険とは、子供の学費を貯めるために利用できる保険です。毎月保険料を支払えば、祝い金や満期の学資金として、子供の年齢に合わせて給付金を受け取ることができます。公共料金の支払いの口座と分けて利用ができるので、子供の学費のための貯蓄代わりに利用する人も多くいます。

老後のために資産運用も考えましょう

人生設計のために貯蓄をする場合、考えておきたいのが老後の貯蓄です。若い世代の人であれば、老後のことまで考える余裕はないという人もいるでしょう。しかし、誰でも老いというものは訪れてしまう以上、必ず老後のことも考えておく必要があります。単純の老後のための貯金を行なうのもよいのですが、資産として何らかの商品を購入することも重要です。マンションなどを購入しておけば、後々子供へ受け継がせる資産ともなりますし、地価が上がればマンション売却時にも高額な利益が得られます。このような方法での資産運用は、ただ貯金をするよりも高額な利益を得ることができます。夫婦でこうした財テクを学び、よりよい老後に備えましょう。

TOPボタン